読書状況 読み終わった [2020年12月21日]
読書状況 読みたい
読書状況 読み終わった [2020年12月7日]
読書状況 読み終わった [2020年12月7日]
読書状況 読みたい
読書状況 読みたい
読書状況 読みたい
読書状況 読みたい
読書状況 読み終わった [2020年12月2日]

放送されたドラマのストーリーとここに載っているものがたりで異なる箇所が感慨深いなと思いを馳せる。
朝ドラは撮影が終了する前にこういう雑誌を出しているため、ドラマが進むにつれて当初のストーリーとは変化することもあるということだろうが、とうしてそこが変化したのか掘り下げたくなる。
読み応えたっぷりで、祖父の古い家の本棚からこの一冊に出会えたことを私は幸運に思う。

2020年12月2日

読書状況 読み終わった [2020年12月2日]

一章目、エアハート嬢の到着で泣いた。
それだけで読んでよかったと思ってしまった。

2020年9月1日

読書状況 読み終わった [2020年9月1日]

まるで詩のような物語だった。
何度でも読み返したいと思うし、
でたらめに開いたページを気ままに読みたいと思うし、
文庫本なら鞄の隙間に収めて持ち歩きたい一冊だ。

久々に感じる江國香織作品の読了感だったなぁ。

2020年8月20日

読書状況 読み終わった [2020年8月20日]

読書状況 読み終わった [2020年7月21日]
読書状況 積読

読書状況 読み終わった [2020年7月15日]
カテゴリ 文庫本

読書状況 読み終わった [2020年7月14日]
カテゴリ 文庫本
読書状況 読みたい

読書状況 読み終わった [2020年7月7日]

満足。
おまけ感があって、本編に違う色を加えてくれる短編集。

2020年7月2日

読書状況 読み終わった [2020年7月2日]

死に近づくたびに生に引き戻される感覚がなんともいえない。
物語の三分の二以上、涙をこぼしながら読みました。
死に伴う悲しい涙ではない。
ライオンのおやつにまつわる思い(思い出ではなく思いなのだ)とか、余命宣告によって自分が死ぬことを知っているが故の嘘のない台詞とか、何度も心を打たれた私はあふれる涙を止められなかった。

死とは何かを考えるのもいいけれど、私にとっては、生きることとは?についてを考えさせられる物語だった。

2020年7月1日

読書状況 読み終わった [2020年7月1日]
カテゴリ 単行本

シリーズの短編集なだけあって、読んでる以上に物語の厚みが想像で膨らむのだ。

だが、シリーズなのに読む順番間違えたわ。
なんか変だと思ったけど伏線かと思ってたんだけど最後まで読んでしまって、そして気づく、伏線ではなく前作のおさらい要素だということ、、、あああ。

2020年6月24日

読書状況 読み終わった [2020年6月24日]

歌舞伎町シリーズから読み始めたけどおもしろい。
歌舞伎町の無秩序な秩序に魅せられてしまい、目が離せないのだ。

2020年6月22日

読書状況 読み終わった [2020年6月22日]
カテゴリ 単行本

よかった。こういう展開は嫌いじゃない。

2020年6月13日

読書状況 読み終わった [2020年6月13日]
ツイートする