ノンフィクションとしか思えない羅列
なんだけど感動する

2022年7月25日

読書状況 読み終わった [2022年7月25日]

読み始めは今時の軽いものだと侮っていたが
なぜか引き込まれて一気に読んでしまった。
けっこうなやられた感あり。

2022年7月10日

読書状況 読み終わった [2022年7月10日]

幸せな気持ちになる

2021年11月28日

読書状況 読み終わった [2021年11月28日]

読んでよかった
3.5%になろうと思う

2021年12月4日

読書状況 読み終わった [2021年12月4日]

こんなすごいのを今まで読んで無かったとは、出会えてよかった。
引き込まれる展開。非情、冷酷な世界観に圧倒され、一気に読み終えた。
他のも読みたい。

2021年3月6日

読書状況 読み終わった [2021年3月6日]

はっきり言って文書の内容については読んでに意味がわからないところが多い。
しかしながら、
流れるようなリズム感が解釈を超えて感動する。一つの文が長いので景色も鮮やかなのかもしれない。
教養も深く、今時の作家とは比べ物にならないくらい密度の濃さ。
 たけくらべ
については、一般的な受け取り方と自分の感想に大きな差異があることに謎がある。

2020年11月18日

読書状況 読み終わった [2020年11月18日]

感動したとかの安易なことではない
様々なことを考えさせる、こんなに深い小説は滅多に無い
読んだだけでは終われない

2019年8月29日

読書状況 読み終わった [2019年8月29日]

少しは安心できるかと思いきや、
またもやどん底
シリーズ継続して欲しい

2019年7月12日

読書状況 読み終わった [2019年7月8日]

不条理な被害者たち
実在する闇というか人間にはふくまれている

2019年6月19日

読書状況 読み終わった [2019年6月19日]

昨今の澱んだ世界に比べればなんと真摯な感情なんだろう。
もちろん、反戦の意味はあるが、それより兵士の想いや変化に戦慄と動揺を覚えた。

2019年11月15日

読書状況 読み終わった [2019年11月15日]

数学が好きなこともありじっくりと大事に読めた。
しかし
点予想についてはよくわからなかった。
調べる楽しみができたから嬉しい。

2022年9月10日

読書状況 読み終わった [2022年9月10日]

共感する作家
もっと読みたい

2014年1月13日

読書状況 読み終わった [2014年1月13日]

なにか偉大なものなんだけど理解不能
解説書かなんか読みたい
なにかがあることは確かだと感じる

2020年10月6日

読書状況 読み終わった [2020年10月5日]
ツイートする