生き抜くための地震学―京大人気講義 (ちくま新書)

3.64
  • (4)
  • (10)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 110
レビュー : 15
著者 :
ぬけさくくんさん  未設定  読み終わった 

・ただ震災用品を揃え備蓄しているだけで安心してはいけない。

・「これはたいした異常じゃない」という思い込み=同化性バイアス

・「異常はあるけど皆行動してないしまだ大丈夫」という思い込み=同調性バイアス

・二つのバイアスによって、人間はとっさの出来事に対して避難行動を取りにくいように出来ていることを自覚する。

・重要なのは日ごろからのイメトレと危機状況のシミュレーション。普段の生活の中で「今地震が起こったらどこにどうやって避難し誰にどうやって安否を知らせるか」を想像しておくこと。

・専門家が一方的に啓発するだけでは、震災の被害は減らない。

・好きな防災グッズを色々揃えたり、散歩がてらに避難経路の見直ししたり、地図を読み込んだり、当事者参加型の楽しい減災、結果防災が望まれる。

レビュー投稿日
2014年2月28日
読了日
2014年2月28日
本棚登録日
2014年2月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『生き抜くための地震学―京大人気講義 (ち...』のレビューをもっとみる

ツイートする