残り火

3.16
  • (1)
  • (11)
  • (14)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 66
レビュー : 17
著者 :
jyunko6822さん ミステリー   読み終わった 

冤罪による苦痛から息子を自殺で亡くしてしまった男と
最愛の妻を病気で亡くしてしまって厭世している弁護士が
ある青年の冤罪事件を扱うことにより法廷で再生してゆくストーリー。

新聞記事を読み続けるように淡々とストーリは進み
なおかつ、新たな疑問を孕み始める。

根底にある連続通り魔事件がどうからんでくるのか、
読者は最後になって息をのむ展開に驚かされることでしょう。

法廷劇としては物足りない部分もありますし、
人物の視点が代わるという読みにくさもありましたが、
ミステリーとしては納得のいく内容でした。

レビュー投稿日
2013年4月3日
読了日
2013年4月3日
本棚登録日
2013年4月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『残り火』のレビューをもっとみる

『残り火』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『残り火』にjyunko6822さんがつけたタグ

ツイートする