プレイバック (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 7-3))

3.43
  • (26)
  • (56)
  • (111)
  • (10)
  • (4)
本棚登録 : 603
レビュー : 45
制作 : 清水 俊二 
じゅたろうさん 小説   読み終わった 

フィリップマーロウという探偵が主人公のシリーズですが、普通の探偵小説とは趣が違っているこのシリーズ中でも、特に不思議な雰囲気漂う内容でした。小説内に出てくる話題も、脱線が激しく(それはそれで魅力的なのですが)、まるで話の主題はどうでも良いことのように、それ以外のいわば外野が、魅力たっぷりに勝手に主張している、そんな感覚で読ませていただきました。
全体的に暗い雰囲気が漂っています。主人公が謎を解決していくのですが、それが気力を削いでいくような気にさせられます。なんというか、嫌な予感というものが当たっていく、それも次々に、そういう感覚でした。しばらく余韻が残りますし、しばらく読み返す気がしませんが、あと何年かしたら再度読んでみたい、その時はどう感じるだろうか。

レビュー投稿日
2017年3月27日
読了日
2017年3月27日
本棚登録日
2016年8月25日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『プレイバック (ハヤカワ・ミステリ文庫 ...』のレビューをもっとみる

『プレイバック (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 7-3))』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする