中央公論 2018年 03 月号 [雑誌]

3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
じゅたろうさん 中央公論   読み終わった 

年に一度の楽しみ「新書大賞」今年度の第1位をみて「ああ、なるほど」と嬉しく感じました。著者の地道で不屈な姿勢がいろんな人に伝わったのだと思います。他にも読んでいないもので面白そうなものが取り上げられていて、退屈しない1年になりそうです。
特集の内容は「働き方」がわからない。働き方改革を現場責任で投げられる状況では、どうやったら良いのかわからないのは社会全体の闇なのだと感じました。うちだけじゃないんだと。ヤマトの運賃値上げと昼食休憩時間の配達指定の中止、その背景について書かれていて考えさせられる内容でした。
北朝鮮を視野に入れた、日本の周辺事態の安全保障問題。防衛大臣へのインタビュー含めて、行動の時期がきていることを感じました。良い方向への行動に進んでいただければと切に願います。

レビュー投稿日
2018年2月17日
読了日
2018年2月17日
本棚登録日
2018年2月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『中央公論 2018年 03 月号 [雑誌...』のレビューをもっとみる

『中央公論 2018年 03 月号 [雑誌]』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする