じゅたろうさん 文藝春秋   読み終わった 

特集「北朝鮮を信用するな」。エマニュエル・トッドさんの記事で日本も核を持つべきだとする意見。その意味が正論なのでその通りと思う面も感じ反論できないものですが、だからと言って持てば良いというわけでもないと思います。目的が手段になってはいけない問題だと思います。核を所持するという選択肢を交渉の道具にすることのできる人材の問題を解決することが前提に必要なのだと思います。
現地ルポ「中国の未来都市「深圳」がすごい」。トップダウンで物事が急激に変化していくことのすごさを感じる内容でした。中国が再び大国になる(経済的に)日がリアルに感じられる内容でした。

レビュー投稿日
2018年6月23日
読了日
2018年6月23日
本棚登録日
2018年6月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『文藝春秋2018年7月号[雑誌]』のレビューをもっとみる

『文藝春秋2018年7月号[雑誌]』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする