ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)

3.89
  • (615)
  • (1259)
  • (778)
  • (46)
  • (12)
本棚登録 : 7135
レビュー : 879
著者 :
sanaさん ミステリ(ヒロイン)   読み終わった 

人気シリーズも5作目。
大輔の告白に対して、返事を延ばす栞子だが、その理由とは‥?

大らかな人柄の五浦大輔の視点で語られ、ほとんど本が読めないという設定で誰にでも入りやすくしてあるのが上手いですよね。
ヒロインは漫画チックな容姿の楚々とした内気な美女・篠川栞子で、ツンデレというか~普段は大人しいけど、本の話になると夢中になるキャラ。
そして、出てくる本の薀蓄は半端ない‥
思わず世界に引っ張り込まれますね。

今回のプロローグとエピローグは「愛のゆくえ」
なるほど。しかも、ちょっと仕掛けが入っていたりして。

古本屋に本を売ってはしばらくしてまた買い戻すという謎の行動を取る中年女性。
その理由と、正体は‥?
せどり屋の志田の知人の老人に、どんな関係が‥

手塚治虫の全集の同じ本がなくなり、もとは複数あった謎。
栞子さんが鮮やかに解き明かしますが、な、なんてややこしい出版物‥
手塚治虫のこだわりは、よくわかる気はしますが。

寺山修司の高価な本を兄から遺品としてもらいうけたと主張する男。
出入り禁止だった弟に遺すとは、そんなはずはないと思う妻は‥
過去にさかのぼる辛いいきさつは思いがけなく、栞子の身近で起こっていた‥

突然家を出て何年も音信不通だった栞子姉妹の母親・智恵子は出てきてみたら、強烈なキャラ。
今回も見え隠れする存在がピリッと効いてます。
謎の多いキャラなので、両親の結婚のいきさつを栞子が聞くくだりで、こちらもちょっと納得しました。そういう女性だと承知の上でのプロポーズだったと。

勝手な母親に怒りを覚えつつ、似ている自分がいつか同じことをするのではと心配していた栞子さん。
大輔くんの思いがけない言葉で、ハッピー感溢れる未来をイメージできるようになります。
ところが、まだまだ事態は急変‥? 乞うご期待ですね!

レビュー投稿日
2014年10月16日
読了日
2014年10月7日
本棚登録日
2014年10月5日
8
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子...』のレビューをもっとみる

『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)』にsanaさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

三上延の作品一覧

三上延の作品ランキング・新刊情報

ツイートする