マスカレード・イブ (集英社文庫)

3.50
  • (329)
  • (1262)
  • (1582)
  • (185)
  • (21)
本棚登録 : 9913
レビュー : 1023
著者 :
sanaさん 国内小説   読み終わった 

「マスカレード・ホテル」の前日譚。
ホテル勤めの山岸尚美と、刑事の新田浩介が出会う前、それぞれの仕事をしている時期の短編集です。

「それぞれの仮面」
ホテル・コルテシア東京に勤めて4年の山岸尚美。
念願のフロントオフィスに配属されたばかり。
謎めいた客の動きを観察し、お客様に良かれと思う方向へ、ひそかに立ち回ります。
ホテルではお客様は仮面をかぶっている、ホテルマンはその仮面を守らなくてはならないと。

「ルーキー登場」
ホワイトデーの夜の事件の捜査に、アメリカ帰りの新田浩介、登場。
まだ警察内でもやや浮いている? 頭はいいということだけど~という。
マスカレード・ホテルとは、ちょっと印象違いますね。

「仮面と覆面」
ロビーで不審な動きを見せる五人組の目的は‥?

「マスカレード・イブ」
大阪に来ている尚美が出会った事件。
新田の手伝いに借り出された女性巡査が尚美に面会に来ます。
山岸と新田がお互いに会うことはないまま、同じ事件に関わっているあたりが面白い。
どちらも有能ではあるけど、まだ少し青臭い印象になってますね。

期待通り、軽く読めて、事件のバラエティもあり、それぞれの活躍を楽しめました☆

レビュー投稿日
2015年8月6日
読了日
2015年6月5日
本棚登録日
2015年5月20日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『マスカレード・イブ (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『マスカレード・イブ (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『マスカレード・イブ (集英社文庫)』にsanaさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする