危険のP (ハヤカワ・ミステリ文庫)

3.41
  • (2)
  • (4)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 5
制作 : 嵯峨 静江 
sanaさん ミステリ(ヒロイン)   未設定

老人医療施設経営者ダウ・パーセル69歳が姿を消して9ヶ月。
まったく手がかりがないまま。
自分でデザインした豪華な家に住む先妻フィオナの依頼で、調べ始めるキンジー。
評判の良い医者だったらしいが…
ダンサーだった若い女性と再婚して2歳の子供がある。
先妻の話では若いときにも失踪したことがあると。
一方、ロニーの事務所が移転するため、キンジーは別にいい部屋がないか探していた。
かっこうの部屋を見つけて前払いし、大家の青年に言い寄られるが?!
失踪を巡って渦巻く噂…だが決定的な手がかりが見つからないまま、ある日…
なかなか立体的な構成で、視覚的にも家のインテリアなど面白く想像できます。
時代は1983年。
携帯電話がないのが不便そうな探偵稼業。
コンピュータもあるけど、今ほど誰もが使っているという時代ではないのね。
2001年の作品、単行本翻訳発行はその年の内とは早かったんですね。

レビュー投稿日
2009年9月23日
本棚登録日
2009年9月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『危険のP (ハヤカワ・ミステリ文庫)』のレビューをもっとみる

『危険のP (ハヤカワ・ミステリ文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする