学生時代にやらなくてもいい20のこと

4.04
  • (190)
  • (243)
  • (106)
  • (17)
  • (9)
本棚登録 : 1790
レビュー : 285
著者 :
sanaさん 評論・エッセイ   読み終わった 

爆笑!
朝井リョウって、こんな人だったの?

「少女は卒業しない」の後だと、ギャップが‥
「チア男子!」の後なら、まあ繋がるかな。

学生時代に体験したことをそのまま描いているエッセー。
ダンス部だったそうですが、部活そのものは出てきません。
ダンス部ののりのいいメンバーが一緒というケースはあります。

早稲田大学では、100キロハイクという催しがあるのだそう。
仮装で埼玉から大学まで歩き、仮装をも競う。
バスローブでワイングラスを持つという仮装で電車に乗って目的地へ。
仮装に本気の人たちはこんなもんじゃなかったという。
途中から足はたまらなく痛み、駐車場で痛み止めを飲みシップを貼りまくり、寝転んで休む。
雨が降り出し、バスローブは驚異の吸水力を実証するとは‥!

島で花火を見ようという企画が、嵐で島に接岸できずに東京まで一度戻り、23時間船に乗り続けたという。
これはその後すぐに、大島まで行き、無事に夏を楽しむことはできたのだが。
レンタカーでコンサートに行こうという北海道旅行の計画が、無残に流れるにいたるいきさつやら。

就職活動について書くように2年生のときに求められ、何もわからずに適当にでっち上げたエッセイを収録、自分で突っ込みまくってあります。
就職については、すでに小説家デビューしていたので意外に思われることもあったとか。
(いやそりゃ‥冷静に考えれば、小説を書き続けられる保証はないし、まして売れ続ける保証もないもの)
それに経験豊富なほうがネタに困らない‥?

学生時代の経験からして、すでにネタを超えている感じだけど~
京都まで自転車で行こうと二人で企画し、一日100キロ以下という計画を立てる。‥連日?!正気か~っていう。
途中で友人に連絡を入れたら「頭悪いね」と言われてしまう。
出会った人に「自転車で東京から来た」と答えたら、ドン引きされたり。
それでも何とか行けてしまった体力がすごい!実行できたのだから無謀とも言い切れない‥
けど!
しかし、やっと就職したばかり。若いねー!

レビュー投稿日
2013年1月12日
読了日
2012年12月13日
本棚登録日
2012年12月13日
10
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『学生時代にやらなくてもいい20のこと』のレビューをもっとみる

『学生時代にやらなくてもいい20のこと』のレビューへのコメント

まろんさん (2013年1月12日)

電車の中やカフェでは、ぜったいに読んではいけない本ですよね(笑)
小説とエッセイのギャップの激しさは、
今まで私の中では三浦しをんさんがダントツでしたが
この作品をもって、しをんちゃんは朝井リョウさんにその座を譲りました!
雨を存分に吸ったバスローブで、コンビニ前にへたりこむ朝井リョウさんに
本に登場した誰かさんのように「朝井リョウさんですよね」
と声をかけるところまではいかずとも、柱の陰からこっそり観察したかったなぁ、
なんて思ってしまいました(*'-')フフ♪

sanaさん (2013年1月12日)

まろんさん、
も~ほんとに☆
電車の中でバスローブを思い出すだけでも、変な顔で笑っちゃいそうです。おなかが弱くてトイレットペーパーまで持ち歩いているのにバスローブって!
声かけてみたい‥

しをんちゃんも、作品を読んだ順番によっては、たまげるでしょうね~。私はエッセイが先だったので、だんだん大人になるなあっていう目線で見守ってきました♪
朝井リョウさんは、就職したらここまでのことはないかしら?いやきっと何か起きると思う~。
今から、楽しみです~♪

コメントをする場合は、ログインしてください。

『学生時代にやらなくてもいい20のこと』にsanaさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする