神去なあなあ夜話

3.86
  • (369)
  • (794)
  • (498)
  • (41)
  • (8)
本棚登録 : 4036
レビュー : 622
著者 :
sanaさん 国内小説   読み終わった 

「神去なあなあ日常」の続編。
田舎の村の暮らしが、いまどきの若い者の視点と口調で楽しげに語られます。
楽に呼吸できる気分で、読めますよ。

高校を出てふらふらしていた平野勇気は、和歌山県の山奥の神去村に送り込まれて1年。
林業にもだんだん慣れてきて、正社員に。

小学校の先生で年上の直紀さんには告白してあるのだが、ドライブの誘いは3回に1回ぐらいしかオーケーしてもらえない恋人未満の状態。
村中にその有様は、バレバレという。

ヨキ夫婦の結婚のいきさつやら夫婦喧嘩やら。
繁ばあちゃんのたくましさも笑えます。
清一さんとヨキの家族に昔、起きたこと。
山暮らしを舐めてはいけない厳しさ。
どこか不思議な村の風習。

清一さんの息子の山太とよく遊んでいる勇気は、クリスマスをやりたがる山太の気持ちを思い、皆で工夫することに。
楽しいですね~。
特別な濃さはないですが、人が生きているたくましさが何気なく伝わり、心地よく読めました。

レビュー投稿日
2014年3月1日
読了日
2014年1月10日
本棚登録日
2013年12月29日
12
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『神去なあなあ夜話』のレビューをもっとみる

『神去なあなあ夜話』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『神去なあなあ夜話』にsanaさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする