心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

3.97
  • (1082)
  • (1462)
  • (811)
  • (146)
  • (31)
本棚登録 : 8338
レビュー : 1470
著者 :
sanaさん 評論・エッセイ   読み終わった 

56の項目がずらっと並んでいますが、具体的な体験が書かれているので、全体としてはサッカー体験談としても読めます。

いかにも真面目で誠実そうな彼。
若輩者が本を出すためらいも書かれています。
中学高校の頃は各年代の日本代表に選ばれることがなかったというのは意外。
そういう人間でも成功出来たという事を伝えたいという趣旨。

意識して、心を鎮める時間を作る。
心をメンテナンスして、良い仕事が出来るように調整しておく、といった感じだそうです。

「心を整える」過度な自意識は必要ない、マイナス発言は自分を後退させる、など。
「吸収する」真のプロフェッショナルに触れる、など。
「絆を深める」仲間の価値観に飛び込んでみる、など。
「信頼を得る」組織の穴を埋める、など。
「脳に刻む」読書は自分を進化させてくれる、など。
「時間を支配する」夜の時間をマネージメントする、など。
「想像する」指揮官の立場を想像する、楽な方に流されると誰かが傷つく、なと。
「脱皮する」迷ったときこそ難しい道を選ぶ、など。
「誠を意識する」目には見えない土台が肝心、など。
最終章は、激闘のアジアカップで学んだこと、という章立て。

中学高校ではあまりぱっとしない成績で、プロになることなど考えてもいなかったのに、浦和レッズからスカウトが来た。
両親は大学進学を勧めたが、祖父が、一度しかない人生だと、後押ししてくれたという。

若い頃には、若い選手はそういうものかと軽いのりでロンゲで茶髪にしたが、藤枝東高校時代の監督に嫌な顔をされて、きっぱり変えた。
もともと和顔で短い黒髪の方が似合うということもあると。

試合に向けてだんだん緊張を高めるタイプと、直前に切り替えるタイプがある。
自分は前者だと思っていたが、緊張しすぎて前夜眠れずに試合がさんざんだった経験の後は、当日に試合モードに入ることにしたと。

Jリーグの選手には、日本サッカーを強くしたいという熱い思いがあって、欧州でも、集まって食事をしたりするそうですよ。
今は苦労しているみたいだけどねえ…?

女性と話すのは得意でなくて、高校の頃に2度付き合ったが、どうしていいかわからず、一ヶ月ほどで自分から断ってしまった。
今でも謝るのが難しいなんてことがふと出てきたりして。
2011年3月発行。

レビュー投稿日
2012年11月11日
読了日
2012年11月9日
本棚登録日
2012年11月6日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『心を整える。 勝利をたぐり寄せるための5...』のレビューをもっとみる

『心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣』にsanaさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする