ツバキ文具店

4.15
  • (478)
  • (594)
  • (204)
  • (26)
  • (8)
本棚登録 : 4172
レビュー : 541
著者 :
sanaさん 国内小説   読み終わった 

鎌倉を舞台に、文具店を継いで代書屋となる若い女性。
書くことが難しい手紙を、よく話を聞いて代わりに書いて出すという。
あたたかい気持ちになれる優しい物語です。

雨宮鳩子は厳しい祖母に育てられ、しつけというより修行のような独特な教育に反発して、家を出ていました。
祖母が亡くなり、なりゆきで文具店と代書屋を継ぐことに。
たいてい「ポッポちゃん」とかわいく呼ばれていますが、高校の頃は反抗期でガングロだったという激しいものも秘めています。
隣の洋館で暮らす女性は皆に「バーバラ婦人」と呼ばれていたり、近所に住む初老の堂々とした男性は「男爵」、ポッポちゃんになつく女の子は「QPちゃん」など、可愛らしいネーミングで柔らかな雰囲気が溢れ、癒やされます。

依頼される手紙の内容はじつに様々で、お悔やみの手紙や、離婚の報告をする手紙、結ばれなかった初恋の人に元気だということだけを伝えたい手紙、借金を断る手紙、なくなった夫からの手紙を待っている老婦人に送る天国からの手紙など。
事情を汲み取って、依頼人の心をほぐし、手紙の目的を達成する‥
そのためには、身を清め、便箋の紙質や筆記具の種類、字体などもよく考えて書くのです。
ポッポちゃん(この呼び方がおかしくない雰囲気の娘さんだと思われるのですが)、じつは凄腕!
この凝りようと専門知識も面白く、メールでなくプリンター印刷でもない手書きの手紙というのは良いものだなという素直な感想をいだきました。

美しい四季の移ろいと古風な暮らし、美味しい食べ物、身近な人との親しさが深まっていく楽しさ。
心に頑なな屈託を抱えた鳩子自身が少しずつ落ち着いてきたある日、祖母が文通していた異国に住む女性から、手紙が届けられ‥?

すべてが丁寧で優しく、人の暖かさに包まれるよう。
うまくいかないこともある、苦しみがないわけではないけれども、必ずその先になんらかの方向性は見える。
それが自然に現れる感じがとても素敵な物語でした。

NHKのドラマ化も、上手く行っていましたね。
続編の「キラキラ共和国」もよかったです☆

レビュー投稿日
2018年3月31日
読了日
2017年3月26日
本棚登録日
2018年3月31日
23
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ツバキ文具店』のレビューをもっとみる

『ツバキ文具店』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ツバキ文具店』にsanaさんがつけたタグ

ツイートする