猫は神さまの贈り物<エッセイ編>

  • 有楽出版社 (2014年4月29日発売)
3.38
  • (1)
  • (3)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 118
感想 : 10
4

タイトルに惹かれて、読んでみました。
猫好きとして今もよく知られている作家さんもいますが、ちょっと古めの変わったラインナップが興味深かった。
各界の個性ある人物で、往年は著名だったのだろう…?
若い頃に父親の本棚のを読んだかも?というような方も。

大の猫好きの作家さん同士で顔を合わせると、お宅は今…?と猫の数を報告しあい、ため息まじりというのもおかしい。
可愛くてしょうがないんだけど、すごく多いのは大変ですよね。何かあると心配だしねえ。

現代では猫の性質として、猫好きには知られている行動も、当時は意味がわかっていなかったらしく、想像を巡らせているご様子。
それが小説的なワールドになっているのが、さすが。
年代も個性も違い、スタンスも違う内容で、それぞれの世界が展開。面白く読めました。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ:
感想投稿日 : 2020年5月30日
読了日 : 2020年1月3日
本棚登録日 : 2020年5月30日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする