王とサーカス

3.82
  • (264)
  • (581)
  • (360)
  • (46)
  • (11)
本棚登録 : 3253
レビュー : 515
著者 :
sanaさん 国内小説   読み終わった 

太刀洗万智が主人公の長編。
前年の「満願」に続き、ミステリのいろいろなランキングで1位を獲得した作品です。

2001年。
太刀洗万智は新聞社を辞めて、初仕事。
海外旅行特集の取材のために、ネパールの首都カトマンズへ。
雰囲気をつかもうというゆるいスケジュールのはずで、宿で懐いてきた少年にガイドを頼んだのだが。
突然、王宮で国王たち王族が何人も殺害される事件が起き、あっという間に異様な空気になる。
太刀洗は、ジャーナリストとして取材しようとするが、暴動寸前の空気と報道規制に阻まれる。
そして、取材しようとした関係者に事件が‥!

『さよなら妖精』の出来事から10年がたち、海外のことも他人事ではないと感じている万智が遭遇した、思わぬ事件。
報道に携わる人間として、情報をどう集め、どう発信すべきなのか?
クールで真剣なヒロイン、太刀洗万智のこれからの生き方が問われると同時に、読んでいる人へも疑問を投げかけてきます。
実際に起きた事件を背景にしているため、重厚感も。
鋭い切り口と壮大なテーマが新鮮で、強い印象を残します☆

レビュー投稿日
2017年6月17日
読了日
2016年9月27日
本棚登録日
2017年6月17日
7
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『王とサーカス』のレビューをもっとみる

『王とサーカス』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『王とサーカス』にsanaさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする