ランチのアッコちゃん (双葉文庫)

3.63
  • (177)
  • (381)
  • (378)
  • (71)
  • (12)
本棚登録 : 3114
レビュー : 389
著者 :
sanaさん 国内小説   未設定

祝・文庫化☆
快作です!
働く女達の憂さや迷いを晴らす楽しい展開で、元気が出ますよ~。

第1話 ランチのアッコちゃん
派遣社員の三智子は、雲と木社という小さな出版社に勤めている。
4年付き合った恋人に振られた翌日、上司のアッコから意外な申し出を受ける。
お弁当とランチを一週間交換しようというのだ。
アッコちゃんこと黒川部長は、長身で独身の45歳。営業部唯一の女子正社員で、一人だけセレブ感を漂わせている。
曜日ごとに行く店とランチが決まっているというアッコ部長。
知らない世界をのぞき見ることになった三智子は?
軽快で、現実的ではないが~ありえないほどでもない予想外な面白さ。
だんだん元気になる三智子が嬉しい。

第2話 夜食のアッコちゃん
雲と木社は倒産、別な会社で働いている三智子。
正社員と派遣社員の間に立って困っていたとき、「東京ポトフ」のワゴンをやっているアッコちゃんに再会する。
一週間、仕事を手伝うと申し出て、問題解決のヒントを得ることに。

第3話 夜の大捜査先生
30歳になる野百合は合コンに精を出していた。
3年以内には結婚したいから。
中高一貫の出身校の名を出すと、好印象をもたれるのだが、実は在学中スカートを改造し遊びまわっている不良だった。
当時の先生、前園が今も繁華街で生徒を追っているところに出くわし、生徒を探すことに。

第4話 ゆとりのビアガーデン
総合商社に入ってきた新入社員の玲実。
ゆとり世代の典型でまったく使えない女の子。3ヶ月で辞めたのだが、社長の雅之は今思い出しても苦笑するほど。
ところが、その玲実がビルの屋上でビアガーデンを始めるという‥?

アッコちゃんの話が2話で終わってしまうのはちょっと残念だけど、後の話にも少しずつ出てきます。
のほほんと明るい玲実の個性がまったく違っていて、社長にも育てられたとは言いがたいが、これはこれで視点の変わる面白さ。
なかなか秀逸でした。
ちょっとだけど現実に参考になるような言葉もちゃんとあり、夢のあるエピソードが楽しい☆

レビュー投稿日
2015年2月14日
本棚登録日
2015年2月14日
6
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ランチのアッコちゃん (双葉文庫)』のレビューをもっとみる

『ランチのアッコちゃん (双葉文庫)』のレビューへのコメント

まみさん (2015年10月4日)

以前見かけて気になっていた本です。レビューを読ませていただいて、ますます興味がわきました(´▽`*)ぜひ読んでみたいと思います。

sanaさん (2015年10月5日)

まみさん、
こんばんは☆
コメントありがとうございます!
「ランチのアッコちゃん」気になっていた本ですか~。面白いですよ!
オススメできます♪
続編も最近読みました。もっとアッコちゃんに活躍して欲しいです。
まみさんの本棚にも面白い本が紹介されていますね。楽しみに、行かせていただきます^^

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ランチのアッコちゃん (双葉文庫)』にsanaさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする