毒見師イレーナ (ハーパーBOOKS)

4.14
  • (56)
  • (51)
  • (27)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 513
レビュー : 64
sanaさん ファンタジー   読み終わった 

危険な毒見役として生きることになった娘は…?
中世風異世界ファンタジーですが、ヒロイン像が鮮やかで、展開もスピーディーで面白い!

まだ10代のイレーナは殺人の罪で1年牢獄に繋がれていたが、死刑か、最高司令官の毒見役になるかを選ぶように命じられる。
舞台は、建国されてそれほど経っていない新しい国イクシア領。
イレーナの罪というのは、イレーナを含む孤児たちを監禁して実験していた男を倒したのだが、これが将軍の一人の息子なので正当防衛などは通じない。

イレーナは立場を得てまともな服装となったものの、毎回、命の危険にさらされる毒見役。
しかも、イレーナの処遇を不服とする将軍には、密かに命を狙われ、誰が敵か味方かわからない。
もともと身寄りがない孤児で、あまりにも悲惨なところからのスタート。
ぐっと引き込まれる描写で、どんどん読み進めます。
このイレーナが実は身が軽くて、あっという間に凄腕になっていくのね~(笑) 少しずつ親しい人も出来て、味方を増やしていくのを見守る心地。

前の王家が腐敗していたために革命が起こり、今は独裁体制で法律は厳しかった。
直属の上司のような防衛長官のヴァレクは、最高司令官の右腕。渋い年上の男性で、イレーナを教育するうちに次第に惹かれ合うようになります。
なんといっても、このヴァレクがいい男で。
イレーナを認めていく過程と気持ちを伝えていく様子がなんとも‥
続きを読まずにはいられなくなります!

レビュー投稿日
2020年2月27日
読了日
2018年11月13日
本棚登録日
2020年2月27日
27
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『毒見師イレーナ (ハーパーBOOKS)』のレビューをもっとみる

『毒見師イレーナ (ハーパーBOOKS)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『毒見師イレーナ (ハーパーBOOKS)』にsanaさんがつけたタグ

ツイートする