流れよ、凍りし我が涙 幻獣降臨譚 (講談社X文庫)

著者 :
  • 講談社 (2007年4月27日発売)
3.55
  • (2)
  • (7)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
感想 : 2
5

幻獣降臨譚5冊目ですね。
作者曰く、ラブストーリーらしいのですがw
えぇえぇ、皆さんどんどんと腹黒くなっておりますねw

キルシュの裏切りはまぁ、予想通りなんですが。
他の連中もアリア自身を心配している人は少ないんですね。
ディクスはちょっと思想がやばい方向に行っている気もしますが。どうなんでしょうね。
サフィアの豹変も…。どうなんでしょう。

次巻の舞台は王都なので、そろそろライルの出番も増えてくるのでしょうか?
アリアの近くにいると腹黒くなるらしいので、再会しないほうが良いのかしらw

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 幻獣降臨譚
感想投稿日 : 2010年3月9日
読了日 : 2010年3月9日
本棚登録日 : 2010年3月9日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする