終わる世界のアルバム (メディアワークス文庫 す 1-2)

著者 :
  • アスキー・メディアワークス (2012年10月25日発売)
3.46
  • (14)
  • (36)
  • (38)
  • (8)
  • (5)
本棚登録 : 404
感想 : 31
3

突如人が消え、その人の存在はすべて消えてしまう。
そんな世界で、自分だけが消えた人を憶えている。

消えてしまっても、何事もなかったかのように
話もつじつまも合っていく。
誰も不審に思わない世界で、自分だけが
消えた人を憶えていられたら…。
何だかこう、叫びたいのに叫べない状態?

そこに一人増えた存在は一体なんなのか。
拒絶されているようで、拒絶されない自分。
不思議な女の子、という存在です。
結局最後には…なのですが、そんな存在よりも
周囲にいた人が消えていく様が、やるせないです。

すべてから消えてしまった方が苦しくないのか
忘れてしまったから苦しいのか。
記憶も思い出も何もないけれど
それでも感情はあるわけで。

もう一度失った時、どうすればいいのでしょうか?

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: Bさんから借りた本
感想投稿日 : 2016年2月18日
読了日 : 2016年6月7日
本棚登録日 : 2017年6月7日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする