三千世界の鴉を殺し (10) (ウィングス文庫)

3.47
  • (21)
  • (23)
  • (84)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 258
レビュー : 13
著者 :
永杜さん ウィングス文庫   読み終わった 

前回、やっと進んだ〜と思ったのに、違う事件勃発。
なぜこんなに基地内でどうでもいいような、どうでもよくないような
分けるのに悩んでしまうような事件が始まるのでしょう…。
果たして主人公は『無事』に新しい制服をゲットできるのでしょうか?!

今回もかなり笑いました。
女性だけの空間というのは、一種怖いものです。
狼の群れの中に羊、ではなく、羊に擬態した狼の中に子犬という感じです。
最後の方で一歩話は進んでいますが、この本は一体
どれくらいの『年月』で完結するつもりなのかと思います。

10巻で、ようやく丸一日経ってます。

レビュー投稿日
2008年11月20日
読了日
2008年11月20日
本棚登録日
2008年11月20日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『三千世界の鴉を殺し (10) (ウィング...』のレビューをもっとみる

『三千世界の鴉を殺し (10) (ウィングス文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする