(P[あ]8-3)夏の桜の満開の下 (ポプラ文庫ピュアフル)

3.19
  • (2)
  • (2)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 32
レビュー : 9
著者 :
永杜さん Bさんから借りた本   読み終わった 

近所の公園に、鬼が出る、という噂が立つ。

確認に行けば、噂とは違う姿の妖怪。
ちょこちょこ現れる少年。
子供の思い込みと想像力の豊かさってすごいね、な内容。
一気にそうなるとは…。
妖怪も神様も認識の違い、というのが
良く分かる状態です。

姿が変わってしまった家の妖怪達。
見た目が変わってしまった、赤鬼。
ネットの伝達方法もすごいですけど、子供たちの発想と
次の流行りへの速度がもう…w

しかしこの二人、関係が進んだような
そのままのような。
慣れてパワーアップしているのか、どうなのでしょう?

レビュー投稿日
2018年9月6日
読了日
2019年1月2日
本棚登録日
2019年1月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『(P[あ]8-3)夏の桜の満開の下 (ポ...』のレビューをもっとみる

『(P[あ]8-3)夏の桜の満開の下 (ポプラ文庫ピュアフル)』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする