何気ない日常にさりげなく異界的なものが紛れ込んでくるような、いつもながらに不思議な短編集です。ギョッとするようなものを見つけて読者が立ち止まっても、登場人物達は違和感を持っていないので突っ込み不在のまま話が進んでいきます 笑

2020年12月11日

読書状況 読み終わった [2020年12月11日]

救いはなさそうだな…と思わせる冒頭。
救いはないな…と確信させる展開。
やっぱり救いはなかったな…と納得させるラスト。
落ち込みたい時に最適な、社会派地獄短編集です。
是非。

読書状況 いま読んでる
ツイートする