愛を想う

3.66
  • (10)
  • (9)
  • (20)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 91
レビュー : 14
kaamosさん 短歌   読み終わった 

「愛を想う」ことっていうのは、陽だまりのようにあたたかく、ついうとうと眠くなってしまうとだけ思っていたのだけど、ぼっかり空いた穴にはまらない寂しさみたいのも伴う、と思った。この東さんの60首の愛の歌には、相手よりももっと向こうにある漠然とした何かに向かってる気がして、そのもっと向こうの何かってその実自分の影かもなって思うと、ぼっかりついでにまた寂しくなる。とても好きだ。

レビュー投稿日
2011年3月3日
読了日
2009年11月13日
本棚登録日
2009年11月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『愛を想う』のレビューをもっとみる

『愛を想う』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。

『愛を想う』にkaamosさんがつけたタグ

ツイートする