陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス)

3.39
  • (234)
  • (328)
  • (1140)
  • (68)
  • (17)
本棚登録 : 3252
レビュー : 302
著者 :
消息子さん ミステリ   読み終わった 

 胡乱な話である。
 冒頭、胡乱な男、関口巽が真相に気がつく場面がカットバックされているが、胡乱な男が真相に気づくような胡乱な話である。あまりな真相は読後16年を経た今も覚えていて、結構、細部を忘れていて初読に近かった他の作品よりも楽しめなかったことを告白しておこう。
 信州は白樺湖湖畔の屋敷に住む由良伯爵。もう華族制度がなくなっているので、伯爵ではないのだが、伯爵と呼ばれているという設定は、ドラキュラ伯爵を連想させるためである。由良伯爵は、23年前からこれまで4回、婚礼の翌朝に花嫁を殺されているという経歴を持ち、いま5回目の花嫁を迎えようとしている。不謹慎なことに、評者は2週続いた結婚式の間にこの本を再読した。
 由良伯爵は儒教学者でもあるが、大変な富豪のため、働いたことはなく、また無数の鳥類の剥製が置かれたこの鳥の城から出たことがなく、世知は書物を介して得たという変人である。
 5回目の不幸を防ぐために伯爵が召喚したのは探偵・榎木津。だが彼は体調不良で一過性の失明状態にある。そこで急遽、関口が助けに遣わされたのだが、探偵は婚礼に集まった親戚や使用人の前で「おお、そこに人殺しがいる」と言い放つ。彼は他人の記憶が見えるのだが、現実の視力がないので誰の記憶か照合できない。榎木津がいても謎が解けないように、失明させられているのである。

 今回はすべて一人称記述である。が、その一人称は3人に振り当てられる。関口巽、由良伯爵、1回目から3回目の花嫁殺害を捜査した退職刑事・伊庭が叙述者だ。5回目の不幸は当然起こらないことには話にならないのだが、鳥の城での惨劇への道筋は関口と伯爵によって、そして、過去の経緯と京極堂の動きは伊庭によって叙述され、伊庭も鳥の城に出向くに至って、記述は白樺湖畔になだれ込んでいく。
 陰摩羅鬼は中国由来の妖怪で新たな死者の魂が妖怪化したもの。黒い鶴の形をし、目が爛々と光る。本作は鳥の妖怪をテーマにし、関口の内面が描かれ、そして認識の問題が謎に関わっている点で、『姑獲鳥の夏』の姉妹作のように思える。

レビュー投稿日
2019年9月22日
読了日
2019年9月22日
本棚登録日
2019年9月22日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談...』のレビューをもっとみる

『陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする