Time Traveler's Wife (Harvest Book)

  • Mariner Books (2004年7月5日発売)
3.89
  • (7)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 32
感想 : 6
5

skillfully crafted, amazingly fun reading!
意図せず時空を旅行してしまうtime traveler、図書館司書のヘンリーはアーティストであるクレアに出会う。現時間で出会うのはクレアが20歳、ヘンリーが28歳の時である。物語は時間軸が記されたヘンリーとクレアの語りのみで構成される。「untraditional」なラブストーリーとしての二人の恋愛が前面にうたわれているが、それだけに終わるのはとてももったいない作品だ。もちろんSFとしての「time travel」はそれのみで読んでもかなりの醍醐味(time travelの方法、詳細、要因、治療(?)法 etc.)である。何よりも作者の、構成力と人物描写、その中に人生、恋愛、友情、科学技術、家族、生と死、絶望と希望という人間の普遍のテーマへの細やかなまなざしには脱帽だ。
読み進むうち、1つの出来事が人物により2面性を与えられより鮮やかに読者の目に見えてくる、1つの謎は別の視点で解かれ(あるいは読者の想像力のため解かれないままでちゃんと残してあり)、二人の周りを固める人物もとても魅力的だ。ちりばめられる美しい詩や芸術・文学・音楽の記述も素敵なスパイス。(Audrey NiffeneggerがColumbia College Chicago Center for Book and Paper ArtsのM.F.A.プログラム教授。なるほど!)
巻末の「Reading Group Guide」グループでのディスカッションにはとても興味深いし、自分で各16のポイントを頭に入れつつ再読するのも面白いだろう。

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: sai*'s book
感想投稿日 : 2006年2月7日
本棚登録日 : 2006年2月7日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする