お父やんとオジさん

4.01
  • (27)
  • (32)
  • (16)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 198
レビュー : 35
著者 :
かぼぺんさん 小説   読み終わった 

少年はひとりで日本に渡り、働き続け、家族を持った。戦乱、終戦。妻の弟・吾郎は家族と祖国のある半島に帰る。5年後、朝鮮戦争が勃発。吾郎は戦乱に巻き込まれる。過酷な潜伏生活を強いられた弟のために、妻は夫に救済を求める。戦火の中、夫・宗次郎は義弟を助けに戦場に突進する。救いを求める弟。生還を祈る妻と家族。戦火を走る主人公たち。
家族の絆を命がけで守り抜く父の姿を描いた、伊集院文学の原点。
新たな代表作というべき、自伝的長篇小説の決定版。

レビュー投稿日
2012年8月1日
読了日
2012年7月27日
本棚登録日
2012年7月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『お父やんとオジさん』のレビューをもっとみる

『お父やんとオジさん』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『お父やんとオジさん』にかぼぺんさんがつけたタグ

ツイートする