人質の朗読会

3.66
  • (250)
  • (498)
  • (448)
  • (91)
  • (24)
本棚登録 : 3024
レビュー : 622
著者 :
kaeruさん もう1度読みたい小説   読み終わった 

テロ事件の人質という状況下で、たぶん心のどこかに死を意識しながら、8人それぞれが朗読する創作(あるいは実話?)を集めた短編集。この設定が秀逸。
どのストーリーも決して明るくキラキラしたものではなく、どこかもの悲しい雰囲気が漂う中、でも彼らがしっかりと生きてきた証のような素敵なエピソードがちりばめられる。
お気に入りは「花束」と「やまびこビスケット」。地味に毎日を生きる年配者が、やはり地味に生きる若者の心を静かに動かすところがいい。

レビュー投稿日
2014年4月20日
読了日
2014年4月19日
本棚登録日
2014年4月13日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『人質の朗読会』のレビューをもっとみる

『人質の朗読会』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする