伸子 下 (岩波文庫 緑 78-3)

著者 :
  • 岩波書店 (1973年9月17日発売)
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 3
4

反対を押し切って結婚生活に入ったものの、小市民的な安住を求める佃の消極的な生き方に絶望し、やがて二人の間に破局が来る。
結婚生活の中でだんだん伸子と佃の齟齬が目立ち始めていく様はすごく辛かった。伸子の苦しみはわかるような気がする。伸子は歩み寄ろうとするが、佃と共にいられないことを悟る。佃が必死に伸子を引きとめようとするところには驚いてしまった。
結婚における女性の独立の問題を追及した作者の代表作。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ★日本文学【近代-現代】
感想投稿日 : 2011年10月14日
読了日 : 2007年9月9日
本棚登録日 : 2011年10月14日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする