おれはねこだぜ (講談社の創作絵本)

4.09
  • (32)
  • (22)
  • (21)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 207
レビュー : 44
著者 :
迷羊さん ☆犬・猫・動物の本   読み終わった 

お昼にもサバを食べたくせに「今夜はひさしぶりにサバでもくうか」などとつぶやき、散歩をしながら考えているのはサバのことばかりというサバが大好物の猫。そんな猫に食われゆく種族のサバたちが突然襲撃してくる不気味なお話。
サバたちの襲撃の中身は、「きみはサバをくっただろ」ときれいな声でうたいながら、ひたすら大群で空中を泳ぎ猫を追いかけるというものだ。なんとなくというか、想像しただけでも怖い気分になるが、実際に絵で見るとかなり怖い。サバの大群に追いかけられるなんて有り得ないことだとは思う。「じょうだんじゃない、おれはねこだぜ」と言いながら逃げる猫の言い分もごもっともという感じがする。
映画館に逃げ込んでホッとしたのも束の間、周りがサバだらけだったときの猫は、口を顎がはずれそうなくらいあんぐりと開けて、恐怖とも驚愕とも唖然とも困惑とも絶望とも取れるような、様々なものがない交ぜになった表情をしていて傑作だ。

この話が何を意味しているのか私なりに少し考えてみた。猫があまりにも一日中サバのことを考えているからその妄執が現実の形(空飛ぶサバの群れ)となって現れたのか、はたまた猫に食べられたサバたちの霊が怨恨を募らせてとうとう襲ってきたのか。実際よくわからないのだが、襲撃から辛くも逃げ延びた猫はまた今夜食べるサバのことを考えている。あんなに怖い目にあったはずなのに猫のサバに対する貪欲なまでの食欲には抑えがたいものがあるらしい。もしかしたらこのお話は猫が死ぬまでエンドレスにリピートされるのか?とすら思えてくる。
普段特に気にして考えたことはなかったが、確かに、猫だろうが人間だろうが、生きているものたちの「食欲」というのは生きている限りエンドレスに続いていく。可笑しいくらい毎日おなかが空くし、可笑しいくらい毎日何かを食べている。この本は、そんな生きものたちの日常のちょっと考えてみると不可思議な営みについて改めて考えさせられるような、見過ごしがちな一面をあえて提示し驚かせてくれるようなお話だったのかもしれない。

レビュー投稿日
2011年12月17日
読了日
2011年12月16日
本棚登録日
2011年12月16日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『おれはねこだぜ (講談社の創作絵本)』のレビューをもっとみる

『おれはねこだぜ (講談社の創作絵本)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする