日本橋の編集者。秘密

名前 kagakubar
本棚の名前 畠山泰英/大人の科学バーの本棚
本棚の紹介文 Web科学バー(https://kagakubar.com)から生まれた本を中心に、中の人の畠山泰英が編集した書籍を並べています。ぜひご覧ください。
性別 秘密
ホームタウン 日本橋
職業 編集者
ウェブサイト https://kiwi-lab.com

プロフィール

中の人:畠山泰英(はたけやま やすふさ)
編集者/キウイラボ代表

海洋学と美学を学んだ後、
朝日新聞の科学誌『サイアス』にて編集者のキャリアをスタート。
以降、『ソトコト』編集部などを経て独立。
2005年、編集プロダクション「クマプロ」(書籍『クマにあったらどうするか』にちなみ)を設立。
2010年、妻の料理家・稲葉ゆきえ(スヌ子)と「ギャラリーキッチンKIWI」を東京日本橋に開設して、
サイエンス・カフェ「大人の科学バー」と「キウイ寄席」を主宰。
2014年4月に「Web科学バー」創刊(毎週更新中、2024年1月現在、関連書籍12冊刊行)。
全国科学博物館協議会(国立科学博物館)「全科協ニュース」編集委員(〜2022年)。
琉球大学大学院理学研究科海洋学専攻(微古生物学)修了。
修士(理学)、学芸員資格。

企画編集した書籍は『クマにあったらどうするか』(姉崎等・片山龍峰 著、ちくま文庫、17刷)、
『88ヶ国ふたり乗り自転車旅』(宇都宮一成・トモ子 著、幻冬舎文庫)、『素晴らしき洞窟探検の世界』(吉田勝次 著、ちくま新書)、『宇宙はどこまで行けるか』(小泉宏之 著、中公新書、2刷)、『系統樹をさかのぼって見えてくる進化の歴史』(長谷川政美 著、ベレ出版)、『日本列島5億年史』(高木秀雄 監修、宝島社新書、3刷)、『観察を楽しむ 特徴がわかる 岩石図鑑』(西本昌司 著、ナツメ社、9刷)、『世界でいちばん素敵な進化の教室』(長谷川政美 監修、三才ブックス、4刷)ほか多数。
『軽石 海底火山からのメッセージ』(加藤祐三 著、八坂書房、2刷)は第30回沖縄タイムス出版文化賞を受賞。
著書に『秋田犬の父 澤田石守衛』(木楽舎)がある。

ツイートする