修羅の刻(17) (講談社コミックス月刊マガジン)

3.92
  • (8)
  • (8)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 152
レビュー : 4
著者 :
kagurinさん マンガ   読み終わった 

前田君から、
陸奥に戦いを挑んだのは分かるけど、
静流さんを賭けてたのは意外でしたね。
まぁ、
そこに不破が入り込んできたってのも意外っちゃぁ意外でした。
で、
その賭けの対象になってる静流さんの本心は?
本当に、
強ければどっちでもよかったのでしょうかね?
で、
前田と不破の戦いなう!
って、
陸奥の本で陸奥が戦わないってのも初めてじゃないのか?
で、
不破の秘奥義「神威」なんですけど、
これって、
いつ頃に完成をみたんでしょうね?
ちょっと、
気になりませんか?
で、
引き分けっぽくない?
でも、
不破の勝ちってことで!
って、
虎砲は打てるようですが、
無空波は打るのかな不破さん。
って、
ちゃんと不破になってないから打てないのか?
打ててたら勝敗はもっとはっきりしたんじゃないのか?
と、
陸奥に仕掛けたような技、
この時の前田さんには備わってなかったのでしょうか?
この戦いの後に、
前田の技も進化していったってことなんですかね?
つか、
「?」ばっかりだなぁ。。。
で、
不破さんが種馬になって、
静流さんと不破の間に冬弥が生まれ、
九十九。。。
って、
なんで九十九になったんでしょうね?
冬弥の由来はでてるのに、
九十九が書かれてないのはなんでなんでしょう?
想像してくださいってことですかね?
なんとなく、
ヒント的なことは書いてあるからね。
って、
「?」ばっかりですなぁ。。。
と、
気になったんで2度言いました笑

陸奥九十九は終わったかな?
続くのかな?
で、
刻のほうはというと、
作者さんのあとがきから読むに続く可能性があるわけですね。
よかった!
個人的には、
「神威」のできるまで物語を読んでみたいな!
不破物語になっちゃうけど。。。
と、
新連載決定おめでとうございます!
って、
本誌ではもう始まってますかね?

作者さん、
歴史の事実と自分の漫画に違いがあるのにこだわる方なんですが、
次に描くの、
詳しくないから間違ってたらすいませんが、
三国志の前の時代の話ですよね?
大丈夫なんですか?
資料なさそうなんですが描けるのですか?
ちなみに、
僕はそういうのまったく気にしないんで、
気にしないで全力で描いてくださればけっこうであります!
とりあえず、
「龍帥の翼」ですか!
買わせていただきますよーっと。
と、
できれば、
早めに「海皇記」が文庫化しませんか?
コミックで揃えてもいいんですけど、
やっぱり、
文庫で揃えたいっす!

レビュー投稿日
2016年4月16日
読了日
2016年4月16日
本棚登録日
2016年4月16日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『修羅の刻(17) (講談社コミックス月刊...』のレビューをもっとみる

『修羅の刻(17) (講談社コミックス月刊マガジン)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする