かつて神だった獣たちへ(3) (講談社コミックス)

3.46
  • (3)
  • (9)
  • (12)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 125
レビュー : 6
著者 :
kagurinさん マンガ   読み終わった 

ケインが自由国家新パトリシアを誕生させ、
パトリシアからの独立を宣言!
つか、
エレインって生きてるのか?
死んでるのか?
わからんな!

一方、
シャールの方は実家に戻っていました。
ハンクは行方不明。。。
村では、
シャールのお父さんのお陰で潤った部分もあるけど、
やっぱり、
獣は怖いってところも捨てきれない村民は落ち着かなかったんでしょうね。
シャールは、
ライザさんと、
軍のクロードさんと共にしていました。
クロードは、
擬神兵の討伐部隊の隊長さん!
若いのに隊長さんって思っていたらケインの弟さんで、
なおかつ、
パトリシア国の大統領はケインとクロードのお父さんですか!
因縁ある家族だなぁ。。。
そんな中、
噂になっていましたがシャールのお父さんが生きてました。
もちろん、
獣としてね、しかも暴走モード!
それを、
軍とシャールが討伐すると。。。

ジークフリートが、
竜殺しをして英雄になるが如く、
シャールも父親&竜殺しで主役に躍り出た感じですかね?
1巻2巻はやっぱりハンクでしたけど、
この、
3巻からはシャールじゃないかな?

と、
ある街ではセイレーンが登場!
もちろん、
軍とシャールが討伐に向かう!
まだ、
正気を保ってるように見えるセイレーンも討伐する!
基本は討伐するから討伐部隊な!

擬神兵のサスカッチが殺された!
もちろん、
殺したのはハンクですな!
4巻はハンクでてきそう!
そう、
ちゃんとハンクでてこないで3巻は終了!
主役交代なイメージのある3巻でしたが、なかなか読みごたえはある!

レビュー投稿日
2016年12月25日
読了日
2016年12月25日
本棚登録日
2016年12月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『かつて神だった獣たちへ(3) (講談社コ...』のレビューをもっとみる

『かつて神だった獣たちへ(3) (講談社コミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする