挫折し続ける初心者のための最後のジャズ入門 (幻冬舎新書 な 2-1)

著者 :
  • 幻冬舎 (2007年1月1日発売)
3.44
  • (4)
  • (12)
  • (20)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 128
感想 : 15
3

なんか、
手に取ってしまった。
で、
はっきり物言うし、
止めればいいよJAZZ!
って、
言ってる方なんですがそこに好感を持ったわ。

んで、
正確には、
ジャズ入門ではなく、
ジャズ道入門ですから!


【ジャズは難しい】
ジャズは難しい!
と、
よく聞く。
かぐりん的には、
聞いてて良ければいいじゃん!
小難しく考えて聞くから難しいとなるんじゃないか?
と、
思ってたというか思ってるし、
小難しく聞いてない。
良いか悪いかのみで判断!

中山康樹さんいわく、
不慣れな音に対する嫌悪感なんだ!
と、
書いてるけど、
じゃなんで聴こうと思ったの?
と、
考える。
どうしてジャズを聴こうと思ったかの根本原因が起因してるのか。


クレジットか!
確かに、
(vib)とか(tp)とかわからんが、慣れだな!
上記と同じ。


【CD】
カインドオブブルー
とか、
ワルツフォーデビー
とか、
テイクファイブ
の、
CDのこととか書いてますが、なるほど!
で、
良いかな?


ボーバストラックは納得した!
と、
ボックスセットは今は確かにいい!
歳とってから買うかもね。


【聞く構え】
最初、
東方系の音楽を聴いてるときもそうだった。
聞きなれないと、
聞きなれる!
に、
するのが苦痛かもね。


すんなり入ってくる音楽と、
聞き慣れないけど慣れれば好きになるするめのような音楽もあれば、
今のレベルでは無理だが、後々好きになる可能性のある音楽もあれば、
間違いなく無理なのも存在する。


M3のイベントに行って、
30枚とかCDをGETして聞くの大変だし、
聞き込んで好きになる場合があるので1枚に対して最低3回は聞くようにしてたけど、
疲れるよね、確かに。
そう、
かぐりんは最低でも3回は聞くスタンスです!
それが初心者には無理だ!
本の中では10回!
と、
書いてるけど、
それが普通というか当たり前なんですけどね。。。


【やばたん】
本の中でオススメしてる、
「マイルス・デイヴィス」の『イン・ア・サイレント・ウェイ』がやばたん!
2曲入ってて、
2曲目がイン・ア・サイレント・ウェイでこれもいいんですが、
1曲目のシュー/ピースフルがキタァー!
今は、
こればっかり聞いてる!


ヴィブラフォンが好きなんで、
「ボビー・ハッチャーソン」の『ハプニングス』もいい!

ちょっと落ち着くまで、
この2枚を聞きまくる!
この、
2枚に出会えたきっかけ本としてこれ最高!


【まとめ?】
ジャズが難しいとか簡単とかどうでもいい。
聞きたい人が聞けばいい。
と、
ジャズ喫茶に行けみたいな事も書かれてる!
さて、
これ書いたら行こう笑
と、
ジャムセッションを聞いて欲しいかな?
おもしろい!
高田馬場のイントロな!
とか、
ジャズ喫茶もですがバーも!
朝霞台の停車場さんがオススメ!
問題は、
初心者が拍手できるかどうかだ笑
かぐりんは戸惑った!

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 良書
感想投稿日 : 2018年6月5日
読了日 : 2018年6月5日
本棚登録日 : 2018年6月5日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする