少女キネマ 或は暴想王と屋根裏姫の物語 (単行本)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年2月27日発売)
3.47
  • (22)
  • (41)
  • (33)
  • (17)
  • (6)
本棚登録 : 479
感想 : 54
4

本好きな芸能人のブログで紹介されていた本を読むのが好き。この本もそうして巡り会った一冊だ。
2浪して熊本から東京の大学に入った主人公が、友人の死の真相を探りながら、友人の残した映画を完成させるストーリー。どこか森見さんを彷彿とさせる文章がコミカルに進み、癖のある登場人物たちとのやり取りに引き込まれる。これは一風変わった青春ラブストーリーだな。
最後の映画を撮るシーンは物凄く勢いが感じられて良かった。ラストの展開も、有りがちだけどにやにやしてしまった。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: その他>な行
感想投稿日 : 2014年7月12日
読了日 : 2014年7月12日
本棚登録日 : 2014年4月16日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする