ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)

3.82
  • (414)
  • (903)
  • (651)
  • (56)
  • (4)
本棚登録 : 5443
レビュー : 734
著者 :
taaaさん その他>ま行   読み終わった 

7巻を読み始めた時に話の内容に違和感を感じ、
6巻を読んでいない事に気付きました。
でも、6巻み初めてもしばらくは?で、
前の内容思い出すのに時間かかった(^_^;)

太宰治の「晩年」を巡る話。
古書を愛しすぎている人間の
執着心とか手段を選ばない姿が
恐ろしいと感じた一冊だった。
こう言うのって、物語の中だからなのか
実際の古書業界も黒い感情が渦巻いてるのか…
本好きな人に悪い人はいないと思ってたけど、
いや、今でもそう思ってるけど。。。

レビュー投稿日
2017年5月6日
読了日
2017年5月5日
本棚登録日
2017年4月2日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子...』のレビューをもっとみる

『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

三上延の作品一覧

三上延の作品ランキング・新刊情報

ツイートする