うさぎの聞き耳

著者 :
  • 講談社
3.25
  • (1)
  • (1)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 1
4

図書館で見つけた、可愛いタイトルと装丁の本。幸田文を祖母に持つ青木奈緒さんのエッセイ。
うさぎ族(卯年生まれの人を私はこう呼ぶ)の先輩である青木さんが、卯年の1999年に書きはじめられたエッセイで、留学先のドイツの話や日常の何気ない話が綴られている。雰囲気が穏やかで、上品なエッセイという印象を受けた。上品といっても古典的ではないので、とても読みやすかった。
文中に出てくる人物の偽名がうさぎ関係の名前なのが可愛い。うさ子ちゃん、うさ実、因幡、卯山さん、兎谷氏、うさ江さん、うさ吉さん、うさ男くん、まめ卯姐さん…見ただけで顔が綻んでしまう。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: その他>あ行
感想投稿日 : 2013年7月28日
読了日 : 2013年7月28日
本棚登録日 : 2013年7月21日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする