追想五断章 (集英社文庫)

3.70
  • (176)
  • (498)
  • (396)
  • (55)
  • (3)
本棚登録 : 3293
レビュー : 350
著者 :
taaaさん ┣米澤穂信   読み終わった 

面白かった!リドル・ストーリーと真実を繋ぐからくりが解けるにつれ、興奮で鼓動が早くなっていった。途中から、もしかしたらと思っていた事が当たっていて「やっぱり!」と思う感動と、まさかの種明かし。つまり、結論は予想できるものであっても、それに至る仮定が自分には思いもつかない流れで…。
米澤作品はそういう面白さがあり、自分の波長に合っていて好きです。

レビュー投稿日
2012年5月26日
読了日
2012年5月26日
本棚登録日
2012年5月16日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『追想五断章 (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『追想五断章 (集英社文庫)』のレビューへのコメント

kwosaさん (2012年5月26日)

おっしゃる通りですね。
結果だけでなくプロセスは大切ですよね。
米澤作品は仕掛けの面白さと物語の面白さを兼ね備えた希有な存在で、僕も大好きです。
花丸ありがとうございます。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『追想五断章 (集英社文庫)』にtaaaさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする