家守綺譚

4.06
  • (792)
  • (494)
  • (596)
  • (26)
  • (9)
本棚登録 : 3423
レビュー : 616
著者 :
taaaさん ┣梨木香歩   読み終わった 

亡くなった友人の家を管理する事になった主人公の一年間。春夏秋冬折々の草花と共に不思議な出来事が起こる。サルスベリに嫉妬されたり、亡くなった友人が掛け軸から度々現れたり…。小鬼、河童、カワウソなんかも出てきて梨木ワールドらしい不思議な世界だ。
100年前の頃の話だが、昔は自然と触れ合い、共存しながら生きていた。この本の中の世界もあながちフィクションではないような気がしてくる。
以前読んだ「村田エフェンディ滞土録」の村田さんの事が少し書かれている。

レビュー投稿日
2014年3月3日
読了日
2014年3月3日
本棚登録日
2014年2月27日
10
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『家守綺譚』のレビューをもっとみる

『家守綺譚』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『家守綺譚』にtaaaさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする