プリンセス・トヨトミ

3.53
  • (359)
  • (796)
  • (927)
  • (191)
  • (43)
本棚登録 : 4491
レビュー : 904
著者 :
taaaさん ┣万城目学   読み終わった 

『鴨川ホルモー』の京都、『鹿男あをによし』の奈良に続き、今回は地元大阪が舞台。
400年も続き徐々に規模が拡大し守られてきた、とある組織と東からやってきた会計検査の対立!私は大阪に住んでいるが、こんな世界が本当にあったら男に産まれなかった事を後悔してしまいそう…。旭の気持ちがちょっと共感できた。でも、組織についての引き継ぎの話はほんのり涙なので、やっぱり女で良かったかも。
登場人物の名前が豊臣家に所縁のある人物ばかりで、戦国時代好きな私は秘かににんまりしながら読んでいた。人情の町、大阪ならではの物語で、やはり大阪は良いな~と実感。

レビュー投稿日
2013年7月15日
読了日
2013年7月15日
本棚登録日
2013年7月4日
6
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『プリンセス・トヨトミ』のレビューをもっとみる

『プリンセス・トヨトミ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『プリンセス・トヨトミ』にtaaaさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする