理由(わけ)あって冬に出る (創元推理文庫)

3.33
  • (40)
  • (186)
  • (292)
  • (56)
  • (9)
本棚登録 : 1465
レビュー : 210
著者 :
taaaさん ┣似鳥鶏   読み終わった 

以前、アンソロジーで初めて読んだ似鳥鶏さん。このシリーズの表紙のイラストに惹かれ、既存のシリーズ6冊を一気に大人買いしてしまった。
新刊で大人買いしたのに面白くなかったらどうしよう…いや、面白い予感がする!と読み始めてすぐ杞憂だったことに気付く。面白かった。雰囲気は米澤穂信さんの古典部シリーズのような感じ。高校が舞台で、登場人物は個性的。壮大なトリックという訳ではないが、真実のそのまた向こうに真実があって、更に真実が…と最後の最後まで飽きない展開だった。
あとがきもまた面白く、あとがきの一番最後に一番爆笑してしまいました。

レビュー投稿日
2014年4月1日
読了日
2014年4月1日
本棚登録日
2014年3月25日
8
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『理由(わけ)あって冬に出る (創元推理文...』のレビューをもっとみる

『理由(わけ)あって冬に出る (創元推理文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『理由(わけ)あって冬に出る (創元推理文庫)』にtaaaさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする