リボン (一般書)

3.46
  • (39)
  • (117)
  • (153)
  • (27)
  • (5)
本棚登録 : 1015
レビュー : 144
著者 :
taaaさん その他>あ行   読み終わった 

風変わりな祖母すみれちゃんの頭の中で温められ、主人公ひばりの手の中で生まれたオカメインコのリボンちゃん。リボンちゃんはまさに幸せの青い鳥ならぬ幸せの黄色い鳥。心に傷を負った人に光を射すように癒やしていく。そして最後には…。
最初はほのぼの小説かと思ったが、少しディープな展開も待っていたりする。小さな生き物だけれど、人と人の心を繋ぐ力があるという感覚は非常によく理解できる。小さな生き物だからこそ、不器用な人間にない力を持っているよね。
最初の子供の頃が無邪気に幸せだからこそ、最後の方の展開は少し泣けた。

レビュー投稿日
2015年3月8日
読了日
2015年3月8日
本棚登録日
2015年2月14日
8
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『リボン (一般書)』のレビューをもっとみる

『リボン (一般書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『リボン (一般書)』にtaaaさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする