([ん]1-6)3時のおやつ (ポプラ文庫)

3.47
  • (17)
  • (54)
  • (84)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 672
レビュー : 78
taaaさん *アンソロジー   読み終わった 

30人のクリエイターによる、おやつエッセイ。子供の頃に食べた懐かしいおやつから、大人になって初めて食べたような物まで様々なおやつがエピソードと共に綴られている。中にはおやつ?と思うようなものもあるが、美味しいものの話は読んでいて本当ニヤニヤしてしまう。わかるわかる!とか、初めて聞いた!とかいちいちリアクション大きくしながら一気に読んでしまった。おやつの思い出って、なんだか幸せを感じてしまう。
私の思い出のおやつってなんだろう?小さい頃のタマゴボーロ、ヒロタのシュークリーム、ピープ(シフォンケーキみたいな菓子パン?今でも時々食べます)、おばあちゃんが作ってくれたはったい粉(はったい粉の話も文中にあり。)、アメリカンドーナツ、パウンドケーキ、ゼリエースとプリンミクス、ツインクルチョコレート…思い出は尽きない。

レビュー投稿日
2014年10月9日
読了日
2014年10月9日
本棚登録日
2014年10月6日
12
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『([ん]1-6)3時のおやつ (ポプラ文...』のレビューをもっとみる

『([ん]1-6)3時のおやつ (ポプラ文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『([ん]1-6)3時のおやつ (ポプラ文庫)』にtaaaさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする