魔女の宅急便 その3 (福音館創作童話シリーズ)

3.78
  • (78)
  • (70)
  • (123)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 617
レビュー : 80
著者 :
taaaさん *児童書・動物   読み終わった 

コリコの町に住むようになって4回目の春を迎え、キキは16歳に。
今回はケケという生意気な魔女(?)の出現により心がかき乱される。ジジも家出してしまったり、自分の大切にしている物が全部ケケに取られてしまうんじゃないかと不安になり、自分を見失ったり…。私もこんな体験があるので、キキの気持ちに凄く共感できた。
結局、ケケは去り、キキは自分の気持ちにも気付けて良かった。ケケは本当は悪い子じゃない寂しい子なんだなと思ったけど、やっぱりこういう子は苦手だ!と大人気なく思ってしまった成長できない私(^_^;)

レビュー投稿日
2013年5月7日
読了日
2013年5月7日
本棚登録日
2013年5月6日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『魔女の宅急便 その3 (福音館創作童話シ...』のレビューをもっとみる

『魔女の宅急便 その3 (福音館創作童話シリーズ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『魔女の宅急便 その3 (福音館創作童話シリーズ)』にtaaaさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする