リアスの子 (光文社文庫)

4.18
  • (6)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 5
著者 :
kaigunchuiさん 小説   読み終わった 

熊谷達也が自らの体験をもとに書いた青春小説かな。舞台は仙河海市となっているが、情景から気仙沼の様子が良く浮かんでくる。
震災後に東北のために書かれた一冊だそうです。

レビュー投稿日
2016年4月17日
読了日
2016年4月7日
本棚登録日
2016年3月26日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『リアスの子 (光文社文庫)』のレビューをもっとみる

『リアスの子 (光文社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『リアスの子 (光文社文庫)』にkaigunchuiさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする