本日は悲劇なり (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.84
  • (1)
  • (0)
  • (14)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 52
感想 : 5
5

本日は悲劇なり
1/2の我が家
の2本立て。

本日は悲劇なり は,女子校で亡くなった学生をめぐる話。

1/2の我が家 は,課長昇進と社宅の自治会長の就任。
その裏にうごくさまざまな悪意を乗り越える。

時のアラベスク,罪深き緑の夏,黒猫遁走曲,シメール,ハムレット狂詩曲,この闇と光,一八八八切り裂きジャック,レオナルドのユダ,ラ・ロンド 恋愛小説などの推理小説を書いている
服部まゆみ が 「軽みの構造」という標題で解説を書いている。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 赤川次郎
感想投稿日 : 2011年9月25日
読了日 : 2011年9月25日
本棚登録日 : 2011年9月25日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする