悲歌(エレジー) (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.50
  • (8)
  • (4)
  • (8)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 80
感想 : 6
5

16歳の少女晃子と鏡の中の少年“アキラ”の関係はわからないままで終わる。

家政婦の倉橋さと子も活躍する。

誰が悪者で,誰が善人かという区別はわからなくなる。

次々と起こる殺人事件。

病院で会ったもう一人の「アキラ」がエピローグにでてこなかったのが悲しい。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 赤川次郎
感想投稿日 : 2011年8月10日
読了日 : 2011年4月10日
本棚登録日 : 2011年8月10日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする