キャンパスは深夜営業 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.29
  • (4)
  • (6)
  • (20)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 78
感想 : 6
5

大泥棒の娘が、家を継ぐのと、好きな人と一緒になるのとの2択を迫られる。
実際には、家を継ぐ為に、好きな人を殺せといわれ、駆け落ちをする。

駆け落ち先は、大学の中の屋根裏部屋。
友人の2人(女と男)も協力して、
一大愛と悪の物語が始まる。

警官が関係してきて、誰が黒幕かがわからない。
学部長と建物の建設という利権が動く。

赤川次郎らしく、社会派小説にならないところが面白さ。
大人向きの軽小説(ライトノベル)と言われる所以かもしれない。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 赤川次郎
感想投稿日 : 2011年8月22日
読了日 : 2011年8月22日
本棚登録日 : 2011年8月22日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする