林芙美子 巴里の恋―巴里の小遣ひ帳、一九三二年の日記、夫への手紙 (中公文庫)

4.22
  • (4)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 3
著者 :
制作 : 今川英子 
kaizenさん 日本文学(近代以前)   読み終わった 

NHKのテレビ番組でJブンガクというものがあります。
2010年の7月に 下駄で歩いた巴里 を紹介していたので読み直しました。

木屑の浮いた日本の優しい壁の色こそなつかしくなってきます。

というくだりを

I longed for the gentle color, with chips of wood sticking our here and there, of Japanese walls.

と訳していました。

へー,そういう意味なんだと
下駄で歩いた巴里 の中身と英語の勉強になりました。

英語にしてみると下駄で歩いた巴里 の良さと日本語の良さを再認識できることが分かりました。

本書で,巴里での生活の続きを見ることができます。

レビュー投稿日
2012年3月18日
読了日
2010年8月18日
本棚登録日
2012年3月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『林芙美子 巴里の恋―巴里の小遣ひ帳、一九...』のレビューをもっとみる

『林芙美子 巴里の恋―巴里の小遣ひ帳、一九三二年の日記、夫への手紙 (中公文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする