容疑者Xの献身 (文春文庫)

4.20
  • (5602)
  • (4066)
  • (2569)
  • (188)
  • (42)
本棚登録 : 32515
レビュー : 2938
著者 :
kaizenさん 東野圭吾   読み終わった 

探偵ガリレオシリーズが何故好評なのかが分かる一冊です。

同級生の数学者が,高校の数学の教師をしている。
なぜ,隣室の女性の殺人をごまかそうとしたのか。
なぜ,殺人の偽装が成功するのか。
なぜ,数学で身を立てないのか。
なぜ,なぜ,なぜ。

最後にそれぞれのなぜに対する回答を出している。
用意周到な作品。

同級生の刑事に,友人であるか刑事であるかの選択を迫る。
探偵ガリレオが自分自身に,友人であるかどうかを迫っているのだと思われる。

レビュー投稿日
2011年11月8日
読了日
2011年11月8日
本棚登録日
2011年11月8日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『容疑者Xの献身 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『容疑者Xの献身 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする